なぜ腰が痛くなるの?

 

 

命に関わることはないとはいえ、

行きつく先はまさに「生き地獄」

ともいえる腰痛をはじめとした骨格の

トラブルです。

 

 

風邪や腹痛の時は●●●というように

皆さんそれぞれが心構えや初期対応を

お持ちの事と思います。

  

ところが腰痛に関してはあまり適切な

対処法が示されていないようです。

 

腰痛によって人生を狂わせない為の

予防法、いざという時の対処法、など

など腰痛にまつわるお話をしています。

  

 

 

そもそも腰痛とは何?

 

静かに忍び寄ってきて、いつの間にか

居座ってしまった腰の痛み。

 

見え隠れしながら次第に存在感が

増してきていませんか。

 

そこでは ”二足歩行” という

現実を無視できません。

 

人類の祖先がまだ四足歩行をしていた

には下向き姿勢が中心で、下からの

引力に抵抗していた背骨と骨盤は、

お互いに引き合う力が働いていますので歪むことは起こりにくいのです。

 

しかし直立二足歩行をすると上下から押しつぶす力が常に働いていますの

歪む危険にさらされながら体中の関節が自由に動くことでバランスを

保っています。

 

長い物体を垂直に立てておくのは非常に難しい事ですよね。

 

 

われわれ人間は難なくそれをやっているように思えますが、その結果が

骨格の歪み(腰痛)の形で現れている訳です。

 

二足歩行の無理がたたって歪みは避け

られず、身体の中間点にある骨盤は

全身の調整装置としての役割が限界を

超えて痛みを起こします。

 

つまり全身の歪みの危険信号が

 

”腰痛”であるといえます。

 

様々な所で発生した骨格の歪みが増幅

をして身体の各所に波及し、その限界

迎えた時が腰痛であると考えます。

 

例えばムチ打ちで受けた首の骨の損傷

ハイアーチ(甲高の足)でできた

骨格の歪み、猫背などの生活習慣が生む背骨や骨盤の歪みなどが考え

られます。

 

また座り方(浅く座る、横座り・お姉さん座り、座椅子など)正しく

矯正された骨格は痛みがないのはもちろん、身体の動きはスムーズで軽く

内臓などの全身の機能が活性化して体調が良くなることが多くなります。

 

 

 

  腰痛の種類と重症度

 

 軽 〇骨盤が前後にゆがんで骨盤の

    周囲の筋肉が痛い

 

 ↓ 〇背骨が前後に歪み背中が痛い

 

 ――ギックリ腰発生――

  〇骨盤が左右にゆがみ骨盤周辺

    が痛い

   

 ―椎間板ヘルニア・坐骨神経痛―

  〇背骨が左右にゆがんで背中が

  痛い(腰や足のしびれ)

 

 

 大まかにこのように分類できます。

多くの腰痛は骨盤が後ろに傾くことから始まります。

 

やがてギックリ腰を起こすと骨盤は左右に歪みます。

 

 

 

しばらくすると筋肉が歪みになじ

痛みは治まってきますが、歪み

直ったわけではありません。

 

再び痛みが出るのは更に歪みが

大きなった時で、この周期を繰

返す事で次第に重症化します。

 

一方、骨盤の歪みに応じて背骨も

Sカーブが強くなり湾曲の数も

増えてき椎間板ヘルニアや坐骨

神経痛が発症します。

 

詳しくは 

ギックリ腰 http://www.

youtuu-anjou.com/strained_back/

 

椎間板ヘルニア http://www.

youtuu-anjou.com/hernia/

 

坐骨神経痛  http://www.

youtuu-anjou.com/zakotu/

   

をご参考ください。