ギックリ腰の正体は?

 

腰痛を語る上でギックリ腰は最

重要なテーマです。

 

ギックリ腰を制する者

腰痛を制する

 

最初は骨盤の前後の軽い歪みから

始まった腰痛は、しだいに強く

なり限界に達し、左右の歪みが加

わっギックリ腰になります。

 

あっという間に歩けなくなるもの

から2週間ほどの時間をかけて痛

くなりやがて治まるもの

 

までさまざまです。

 

ギックリ腰とは俗称で「急性腰痛症」というのが正式名称です。

 

急に痛くなるという定義しかなされていませんが、

すべてが横方向に歪んでいるという特徴があります。

 

ギックリ腰発症以前と以後では骨格の矯正方法が全く違ってきますので、

一度でもギックリ腰を発症した場合はすべてギックリ腰に分類しています。

 

一度でもギックリ腰を起こした歪

自然治癒することはあり

ません。

 

痛みが軽くなるのは筋肉や靭帯が

なじんだからで、歪みは

しっかりと残っています。

 

逆に時間の経過とともに次の発作

向けてカウントダウンを続けて

いて、発作を繰り返すたびに骨盤

・背骨ともに歪みは強くなり、

椎間板ヘルニアや坐骨神経痛・

脊柱管狭窄症などに進みます。

 

つまり重症腰痛への入り口がギックリ腰であり、

それ以前でとどめておけば一般的な施術施設でも対処が可能です。

 

痛みの少ない早目の時期に適切な対処しておけば早期の改善が可能です。

 

 

  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ギックリ腰(急性腰痛症)とはいったい何なのでしょう。

ギックリ腰とは俗称で、それまでは何とも無かったのに

突然激しく痛くなったのでそのように呼んだとおもわれ

ます。

 

しかし同じような症状の方はいっぱいいて "突然"ではな

いことのほうが多いのです。

 

“突然”発症した方をよく調べてみると、痛みに対しての

耐性が強い、言い換えれば痛みを感じない傾向が強いよ

うです。

 

全身の症状はかなりの長い期間骨格の歪みがあったこと

を示していて、一般的にはかなりの痛みが全身にあった

と思われるのですが全く快適な日常を過ごしていたとの

ことです。

痛みに対する感受性には個人差があってそれぞれがその方

の個性だと思うので、“標準”や 〝異常というのはありません。

ご自分が痛みに対して強いと思う方は痛みだけを基準で考

えると突然の劇症腰痛“ギックリ腰”に襲われかねません。

一度でも“突然”を経験した方は定期的なメンテナンスを

行い予防を心がぇるとともに、痛み以外の体の兆候を感じ

取ることができるようになりませんか。

 

一度骨格をリセットして楽な体を経験することで、これま

での体がいかに異常だったかを理解できます。

 

何度かその落差を経験することでやがて体が発する危険の

兆候を感じ取るようになってきます。

 

できれば”劇症腰痛“は経験したくないですよね。

そのためにはご自身の積極的な行動は必要です。

 

次に痛みは感じている方ですが、痛みを感じるということ

は貴重な情報です。

 

せっかくの警戒情報を無視したり先延ばしするのは症状の

悪化を招きます。

 

適切に手入れをなさってください。 

  

更に詳しいギックリ腰の説明です。

カイロイズム腰痛バスター安城

のホームページを見る