本当は怖いムチ打ち症

 

首の痛みだけ・・の問題では

ありません

 

過去に一度でもムチ打ちに遭った

方は是非読んでください。

 

よほどの重症でなければ首の痛み

はない事の方が多いようです。

  

頸椎の一つ一つは鋭く小さいずれ

起きているわりに、全体の湾曲

とんど起きないので痛みが

ありません。

しかし背骨全体に同じ規模のズレが広がっています。

 

全身に張り巡らされている神経は全て背骨のつなぎ目から枝分かれしている

背骨がずれるとその部分を走っている神経を圧迫します。

 

するとその部分で神経の伝達が阻害されて身体に不具合を生じます。

 

 

背骨全体がずれるムチ打ち症があると、内臓や四肢など身体全体に不具合が

できることになります。

また頸椎の1~2番がずれる事で

自律神経失調を起こし、それらの

蓄積により鬱・各種神経症や不定

愁訴にも進行します。

 

体中を検査してみてもどこにも

異常は見つけられない大変苦しい

状態です。

 

交通事故以外にも、スポーツや

遊びで首を強打して起こる場合も

ありますが、20~30年を経過

している場合は原因不明のことが

少なくありません。

 

ムチ打ち部分を解消してからでないと他の骨格は矯正を受け付けません。

 

 

したがっていくら腰痛の施術を試みてほとんど変化しないのがむち打ち

の特徴です。

時間だけが経過して腰痛は改善できないまま、むしろ悪化を続けますので

ギックリ腰、椎間板ヘルニアや坐骨神痛を起こしている方の中にもムチ打

を抱えている方が少なくありません。

 

健康保険での治療が一般的ですが、ほとんど効果が得られないまま時間切

打ち切りになることが多いと聞きます。

 

 

健康保険で改善が見られない方は骨格矯正での対処をお試しください。