· 

骨盤検査法:上後腸骨棘(PSIS)の触診

カイロイズム腰痛バスター安城では施術を

行うにあたって何種類もの検査を行って

います。

 

触診による体重を荷重した検査、触診に

よる体重をかけない検査、関節を動かして

行う検査などです。

 

それぞれ目的がありますが、いくつかを

組み合わせることでより正確な評価をする

ためです。

今回の動画はその中でも、その日の最初

に身体全体の様子を探り、大まかな施術

方針を組み立てるときに行う

上後腸骨棘の触診です。

 

脊柱全体の状態と密接に関連しますが、

体重をかけない検査ですので身体の歪み

を調べます。

 

骨盤は目印になるところがたいへん少ない

ので貴重なポイントです。

 

この他にそばに “えくぼ” ができる

事もありこれも有効なポイントです。

 

 

施術の進行に合わせて何度でもこの検査

を行うことがあります。

 

 

体格や歪みの具合によっては指に触れ

にくい事もあり、その場合には骨盤の全体

の形も参考にすることがあります。

 

ページトップへ

 

 

 

この他にそばに “えくぼ”

 ができる事もありこれも有効な

ポイントです。

 

この画像は左のえくぼがやや

下方になっています。

 

この場合は左の骨盤は内旋を

しています。

 

施術の進行に合わせて何度でも

この検査を行う事があります。

  

体格や歪みの具合によっては指

に触れにくい事もあり、その

場合には骨盤の全体の形も参考

にすることがあります。