· 

骨盤検査法 上前腸骨棘の触診

骨盤の状態を調べるときに目印に

なる数少ないポイントのひとつ

です。

 

仰向けの状態では体重がかかっていま

せんので、かなり正確な歪みまで検出

できます。

 

 

骨盤のゆがみは仙腸関節が身体の動き

に呼応して変形したものの、元の形に

戻れなくなったものと考えます。

 

考え方としては、仙骨に対してどうい

う位置関係なのかを考えます。

 

術者は両手で骨盤の上前腸骨棘

ASIS・腰骨の一番とんがった

所)に指を置き

その位置を目視で比較します。

 

左右の差が大きく現れていればわか

やすいのですが、判別できない程度の

場合は目線の位置を変えて何度も確

します。

身体の反対側に回って同じ動作を繰り

返し、同じ結果にならなければ他の

検査法を試します。

 

全く左右差が見られないときは前後の

変位だけを疑います。

 

この検査がすべてのスタートになりま

すのでできるだけ慎重に行います。

 

調べる項目としては、上方下方の他に

床面からの高さ、内方・外方などを

調べ骨盤がどの様に変位しているのか

を判断します。

 

 

自分の目と手の感覚を養うことが重要

で、ことあるごとに練習を繰り返す

ことが大切です。

 

ページのトップに戻る