· 

骨格トラブルの手入れには皆さんの意欲も大切です

骨格トラブルの手入れには皆さんの意欲も大切です。

「どうせよくならない」「お医者さんでだめなのだから、しょうがない」

最初からこのように決めている方がいるのが気になります。

 

どこか投げやりで、最初からあきらめています。

問診では痛みがないと言っていたのに、実際に施術をすすめてゆくと

かなりの重症で痛いところだらけの方。

痛いから来店しているのに、聞かれると痛くないと言ってしまう。

 

残念ながら私には皆さんの痛みが100%わかるわけではありません。

完全によくなったのか、改善傾向なのか、変化はないのか、悪化傾向なのか、

ご本人の主張を信じるしかないのです。

 

まだ少し痛いのに「もう大丈夫」と言われたらそこで終了になりますが、

中途半端は長持ちはしません。

「ほら、言わんこっちゃない、良くなるはずがないんだから」

と言葉の端はしに伺える場合も。

 

まだまだ納得できるレベルではないはずなのに、もういいからと中断することも。

 

私が皆さんにお願いしているのは「ダメ出しは厳格に」です。

もっと良くなりたいという気持ちが、厳しいダメ出しになります。

妥協はせずに、及ばないところを指摘してください。

 

いくらやっても効果がないのなら致し方ないのですが、もうあと少しでの

 

中断は残念でなりません。