· 

骨格は横方向には対応していません。

<同業の治療家さんを支援する 

スキルアップ講座①>

 

私、不器用で最初はへたくそでした。

開店当時は一か月に何回も予約ゼロの日が

ありました。

 

朝、店に行くのが憂鬱で電話機をじっと見

つめては新規の予約が入るのを待ち続けて

いました。

 

でも落ち込んでいる暇はありません。

「今日暇なのは、昨日までの努力が足

りないから」と自らに言い聞かせて

いました。

 

 

①新規集客 

②再来店率の向上 

③定着率の向上 

④定期メンテナンスへの誘導 

 

これらのシーンに分けて対策を実行し

ましたが、その根底には確かな技術力

が必要でした。

<骨格は横方向には対応していません。>

 

ある時、人体解剖チャートを見ていてふと

気づいたことがあります。

 

人体は前後方向には生理的S字カーブが

あって関節の可動性の中で多くの動きが

処理できています。

 

しかし横方向の動きには可動性が全くなく

極めて弱い構造なのです。

 

関節の遊びの範囲内でかろうじて動けます

が、それを超えると脊柱も骨盤も捻じれる

ことでその要求を満たすことになります。

 

濃厚な頻度・長時間・過大な運動量などの

時に復元できなくなり、歪みが定着して

痛みをひき起こします。

 

この横方向の歪みにも、上下の要素や前後

の要素・更に左右の差が加わりますので

一人一人違う施術内容になります。

 

 

あらゆる症状を的確に見抜く目と、それら

を確実に修復する技術の両方が必要です。

 

ページトップへ